MRI検査

MRI検査|板橋区の脳神経外科・内科 - のむら脳神経外科

MRIについて

MRIは磁気を用いた検査で体内の状態を詳細に確認することができます。脳神経領域では脳、脳血管、脊髄の状態を把握できるため必須の検査となっています。

MRIとCTの違いについて

脳梗塞におけるCTとMRIの違い

脳腫瘍におけるCTとMRIの違い

MRIもCTも脳の画像検査です。脳の検査はCT検査とMRI検査どちらが良いのだろうと思われることがあると思います。「頭の病気はMRI検査」、「頭のケガはCT検査」とまずは理解してください。
例えば脳卒中で最も多い脳梗塞は病気ですからMRI検査です。MRIで検出可能な小さい脳梗塞や発症数日以内の脳梗塞をCT検査で検出することは非常に困難だからです。

例(脳梗塞におけるCTとMRIの違い)を提示します。夜間に右手足の動きにくさを主訴に救急受診しCT検査を行った患者様です。CT検査で異常所見なしと診断され帰宅となりましたが症状が改善せず翌日私の外来に受診されました。神経学的身体所見で左脳の異常が示唆されMRI検査を施行したところ脳梗塞(黄色矢印の箇所)を認めました。
MRI検査では正常な脳組織は灰色、脳梗塞部位は白色で描出されるため脳梗塞の検出が容易なことがわかると思います。
一方CTでは脳梗塞の際、色調のコントラストがありませんので非常に検出が困難であることがわかると思います。つまり、脳梗塞が原因となる手足の麻痺、痺れ、めまいはMRI検査が良いです。

また、頭痛も病気ですからMRI検査です。頭痛の際にCT検査を行うことがあります。確かにCTで脳出血やくも膜下出血などの出血性病変は検出できます。しかし出血性病変以外の脳梗塞、脳動脈解離、モヤモヤ病、脳血管攣縮、脳腫瘍などの検出は非常に困難です。
例(脳腫瘍におけるCTとMRIの違い)を提示します。頭痛を主訴にされた患者様です。CT検査で異常所見なしと診断され症状が改善せず、1ヶ月後に私の外来に受診されました。神経学的身体所見では異常所見がなく、MRI検査を施行したところ脳腫瘍(黄色矢印の箇所)を認めました。このようにMRI検査は正常領域と異常領域の色調コントラストがあるため病変部の検出が非常に容易です。

繰り返しますが「頭の病気はMRI検査」、「頭のケガはCT検査」と理解してください。

MRI検査でわかること

①脳だけでなく脳血管も検査が可能です。以下にMRI検査でわかる主な疾患を挙げます。

脳の病気

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • くも膜下出血
  • 脳萎縮
  • 水頭症
  • 認知症など

②脊椎(背骨)だけでなく脊髄(神経)の検査が可能です。以下に主な疾患を挙げます。

脳の病気

  • 頸椎変形性疾患
  • 腰部脊柱管狭窄症症
  • 腰部椎間板ヘルニアなど

MRI検査が受けられない方、受けられない場合がある方

  • 心臓ペースメーカーや除細動器の入っている方
  • 人工内耳の入っている方
  • 可動型の義眼を装着している方
  • 神経刺激装置の入っている方
  • 脳動脈瘤の手術を受け金属クリップを入れている方(特に古い物で型番不明の場合)
  • 金属製心臓人工弁を入れている方(古い物や、特定の会社の物)
  • 金属が体内にある可能性のある方(眼に金属粉等が入っている可能性のある方など)
  • 妊婦又は妊娠している可能性がある方
  • 血管内ステントなども含め、手術の既往がある方
  • 入れ墨(染料に金属を含む)や、一部のメイク(マスカラやアイラインは金属(酸化鉄)が入っている、またラメは金属を含むことがあるため)をしている方
  • 閉所恐怖症のある方

MRI検査のよくある質問

MRI検査とはどういうものでしょう?
MRI検査とは、トンネル状の装置がつくる磁場の中に横たわり、特定の周波数の電波を当てて人体内部の水素原子の動き(これをMR:磁気共鳴といいます)をコンピュータによって断層的に画像化することで、体内の様子をつぶさに調べる検査です。縦・横・斜めあらゆる方向からの撮影が可能で、脳や脳に流れ込む血管の状態を詳細に観察できます。磁力を利用しているため、放射線(X線)を利用するCTと違い、人体への影響がないのも特長です。ただし、身体に金属が入っている方、その他MRIが使用できないケースがありますので、事前に「MRI検査案内書」をお読みいただき、あるいは医師にご相談ください。
MRI検査にはどのぐらいの時間がかかりますか?
当院で通常行う頭部MRI /MRAの検査時間は6分程度です。静音化も進んでおり、また撮影時間も短くなっていますので、大きな支障なく検査を受けていただけます。
閉所恐怖症ですが、MRI検査は受けられますか?
事前に医師または技師にお伝えください。当院では患者様のご要望や症状に合わせて顔を覆う装置を外して撮影したり、リラックスする点滴を行いMRI検査を施行しております。
結果、これまで全ての患者様が問題なく検査を行えております。まずはお気軽にご相談ください。